動画がYouTubeにアップロードできない理由と解決方法

OOK3S0320140322153050_TP_V

せっかく作成した動画がYouTubeにアップロードできない経験はありますか?

今回はYouTubeに動画がアップロードできない理由とその対処法についてお伝えしていきます。

インターネットの接続状況が悪い

動画をYouTubeにアップロードできない理由として1番多いのがこちらの原因かと思います。

特にADSL回線をお使いの家庭の場合大体のプランでアップロードをする速度が0.5~1Mbpsであるのに対し、

光回線だとアップロードをする速度が14~18Mbpsとなりますので、アップロードにかかる速度は全く違います。

ダウンロードの速度は光回線とADSL回線にそこまで違いは出ないからといって、

YouTubeで動画をアップロードするためには光回線の方が断然有利になります。
(私もYouTubeアフィリエイトを始めてADSLから光に変更しました。)

ファイルの形式の問題

YouTubeにアップロードできるファイルの形式は決まっています。

YouTubeが対応していない形式になっている場合はアップロードすることができませんので、

YouTubeに対応しているファイルの形式に変更する必要があります。

YouTubeに対応している形式に変更する方法

アップロードする動画が15分以上

YouTubeにアップロード出来る動画は再生時間の長さが限られおり、

アップロード出来る動画は15分以内という決まりがあります。
しかしながらYouTubeを見てみると15分以上どころか1時間を超える動画がたくさんあります。

実は設定を変更することで15分以上の動画をアップロードすることも出来るのです。

その方法については下記のページからご確認下さい。

15分以上の動画をアップロードする方法

YouTubeのサーバーに問題がある

こちら側には何も問題がなかったとしてもYouTube側に問題がある場合があります。

YouTube側に問題がある場合は基本的に時間を変えてアップロードし直すしかありません。

アップロードに時間がいつもより時間がかかってしまう場合も

時間を改めてアップロードし直せばスムーズにアップロード出来るというケースも多いです。

まとめ

以上のようにインターネットの環境が悪かったり、YouTube側に問題があったりと

スグに解決をできない問題もありますが、ファイルの形式を変更するだけで解決する場合もありますので、

動画がアップロード出来ていないという場合は下記からファイル形式を変更する方法を試してみてください。

動画のファイル形式を変更する方法

最後までご講読いただきありがとうございました! 私が一ヶ月で月23万円をyoutubeで稼いだ方法をメルマガ無料登録でプレゼントしておりますので、是非ご登録をお願い致します^^