30代40代男性の平均年収とその手取り

paku_klakkws_TP_V

 

リーマンショックから数年が経ち、30代、40代男性の平均年収も徐々に増えてきたという明るいニュースを耳にする一方で、

円高、株安などまだまだ先行きが不安な現代です。

30代40代サラリーマンの平均年収と手取りについての記事になります。

30代男性の平均年収

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a38

出典:https://doda.jp/

30代男性の平均年収は上記の図の通りです。

女性と比べると男性の平均年収の方がまだまだ多いというのが現状ですが、

女性の平均年収は以前と比べかなり高くなってきているそうです。

30代男性の平均手取り

30代男性の平均年収を488万円とした場合の平均手取りですが、妻1人子供2人という計算で算出してみます。

そうすると健康保険が約20万円、厚生年金が約4万円、雇用保健が約4万円、税金が約15万円となります。(地域や会社によって変動あり)

30代男性の平均年収からそれを引くと平均の手取り額は約445万円となります。

40代男性の平均年収

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a39

https://doda.jp/

上記の図から40代男性の平均年収は616万円という事がわかります。

女性と比べると40代男性の方が平均年収の伸びは顕著であることがわかります。

まだまだ日本は男性の方が年収が多く、年功序列の傾向が強いということですね。

40代男性の平均手取り

30代男性の平均手取りと同様に40代男性も平均年収を616万円として妻1人、子供2人と仮定して平均手取りを算出します。

計算をすると健康保険が約25万円、厚生年金が55万円、雇用保険が5万円、税金が25万円となり、

平均手取り金額は約506万円となります。

平均年収の推移

バブル崩壊後の1997年~2001年まではサラリーマンの平均年収は500万円を超えていました。

しかしながら現在の平均年収は470万円程度になります。

その上国民年金厚生年金の一人あたりの負担額は今後さらに増える見通しで、

数年後には年間数万円~十数万円負担が増えるとも言われています。

つまり平均年収を手取りで計算するとさらに下がってしまいます。

まとめ

30代の平均手取り額は445万円と想像していたよりも高い数値だったという方も多いのではないでしょうか?

40代は保険料が増えるとは言え、平均手取り金額は万円となっています。

サラリーマンの平均年収が高い時期と比べると、2016年現在ではまだまだそれを超えることがことができていませんが、

2009年以降サラリーマンの平均年収は増加傾向にあります。

来年の年収を増やすということは大変なことですが、数年後には日本も景気がよくなり、

サラリーマンの平均年収が過去最高になるということもあるかもしれませんね。

最後までご講読いただきありがとうございました! 私が一ヶ月で月23万円をyoutubeで稼いだ方法をメルマガ無料登録でプレゼントしておりますので、是非ご登録をお願い致します^^