年収1000万の従業員は何パーセント?

pasona_24_tp_v

「1000万円」というのはサラリーマンであれば誰もが一度は夢を見た年収だと思います。

年収1000万円以上の人はサラリーマン全体の何パーセントいて、高年収の職業とは何なのか?調べてみました。

平均年収が1000万円を超える職業

○パイロット 平均年収1308万円

○大学教授  平均年収1112万円

○歯科医師  平均年収1212万円

○弁護士   平均年収1106万円

平均年収が1000万円を超えるお仕事は以上の通りです。
やはり平均年収が高い職業は小さい頃から努力してなり得るような職業ばかりですね。

 

やはり年収1000万円を超える職業は努力を積み重ねて来ないとなれない職業のようです。

 

努力してこなかった自分を呪いたくなります

年収1000万円は〇〇パーセント

pak88_tetuyaakenosyain20141123141151_tp_v

厚生労働省の賃金構造基本統計調査の平成27年度のデータによると年収1000万円以上の従業員の割合は全体のわずか0.7パーセントしかいません。

 

20代で見てみると年収0.1パーセント以下と1000人に一人以下の割合となり、

30代でもおよそ0.2パーセントと500人に一人の割合です。

従業員では限界がある

この統計では単純な従業員の給与で算出をしています。その他にも副業や運用をしている方もいらっしゃいますので、収入を全て足せば年収1000万円以上の割合は数パーセント増えるかもしれません。

しかしながら会社の給料だけで年収1000万円を越えようというのは少し現実的な話ではないということがわかります。

年収1000万円を超えるためには

ook58_nantekotodabouraku-thumb-autox1600-15486

一般的な私達が年収1000万円を超えるために出来ることを見てみましょう。

劇的な出世をする

とにかく仕事を頑張り、運にも恵まれる必要があるという非常に難しいパターンですが、可能性は0ではありません。

頑張っていても全く出世しない場合がほとんどでしょうし、会社が倒産するというリスクもあります。

副業を始める

1番に収入を伸ばせる方法です。副業の中には運営費が不要のビジネスもありますのでリスクが低いものも多いです。

多少の時間は取られますが、人の手を借りて資産を増やしていくこともできるます。

資産運用をする

元手は必要になりますが、外貨、株、不動産などに投資をし年収を増やしていく方法です。

ほとんど時間を使わない方法ですので、元手がある方には非常におすすめです。

ギャンブルで勝つ

時間も元手も必要な方法で、リスクも大きいですがリターンも非常に大きい方法です。

個人的にはあまり好きな方法ではありませんが、収入を増やす方法の一つではあります。

独立をする

こちらもリスクは非常に高いですが年収を劇的に増やすために1番効果的な方法だと思います。

副業でビジネスを育てて行き、育った段階で独立をするという方も多くいらっしゃいます。

まとめ

従業員の年収1000万円を超えている割合は0.7パーセントと、サラリーマンの給料だけでは難しいということが現実のようです。

年収1000万円をどうしても超えたいというのであればなにかしらのアクションが必要になるようです。

最後までご講読いただきありがとうございました! 私が一ヶ月で月23万円をyoutubeで稼いだ方法をメルマガ無料登録でプレゼントしておりますので、是非ご登録をお願い致します^^