30代年収1000万の割合

ook3s0420140125180412_tp_v

30代で年収が1000万円以上という方の割合はどれくらいいるのでしょうか?

30代サラリーマンの1000万円以上の割合、手取りなどについて調べてみました。

30代年収1000万円の手取り

jsk542_manken_tp_v

年収1000万円を超える給料のある30代男性が奥さんが1人、お子さんが1人と過程をして算出しています。
年金に約89万円かかり、その他所得税に63万円かかるなど、合計で240万円のもの金額がマイナスされます。

そこから手取りの年収を計算すると約760万円となり、子供が3人いる場合の手取り年収は約780万円となります。

30代年収1000万円の割合

30代サラリーマンの年収1000万円を超えている割合は約0.2パーセントとなります。

約1000人に2人の割合となりサラリーマンの給与だけでみると30代で年収1000万円を稼ぐというのはかなり難しい数値になります。

全国の高校生1学年が約100万人いて東大に合格する人が毎年3000人程いますので割合としては1000人に3人となりますので東大に合格する確率よりも低くなってしまいます。

30代サラリーマンの平均年収

厚生労働省の平成27年度のデータによると30代のサラリーマンの平均年収は340万円という結果が出ています。

男性と言えば30代が1番の仕事の頑張り時と言いますが、平均年収をみるとかなり厳しい結果になりました。

30代会社員が年収1000万円を得るためにすべきこと

sep88_nomadocyu15221303-thumb-autox1600-18363
1.本業をとにかく頑張る

現在やっている仕事のスキルをさらに高め、昇給を目指すという方法です。

会社によっては役員という立場も頑張り次第で狙っていけると思いますので今の仕事を本気でやるという方法です。

2.投資を始める

現在あるお金を増やしていくという方法です。

やり方によっては年収を倍に増やすこともできたという方もいらっしゃいますので資金があるのであれば特にオススメの方法です。

3.自己投資をする

30代というのは人生全体としてみてもまだまだ若いです。

特に日本は長寿の国ですので30代という若いうちから自らのスキルを高めるために自分に投資をするという考え方は重要です。

4.副業をする

副業をすることで収入を増やす方法です。

アルバイトなどを行うのも一つの方法ですが、

副業として新たにビジネスを始める方が後々多くのお金を生み出してくれます。

現在ではネットを使ったビジネスが最も効果的です。

5.転職をする

給料が良いとされる会社に転職をするという方法です。

こちらに関しては当初の提示額と実際の給料の差があるという場合も多く、

今までよりも給料が減ってしまったというケースもあるようですが、給料が増える可能性もあります。

最後までご講読いただきありがとうございました! 私が一ヶ月で月23万円をyoutubeで稼いだ方法をメルマガ無料登録でプレゼントしておりますので、是非ご登録をお願い致します^^