20代年収1000万の割合は?年収1000万円超えるために

PAK85_oyakudachisimasu20140830_TP_V

20代という若さで年収1000万円を超えているサラリーマンは一体どれくらいいるのでしょうか?

「年収が全てではない」ということはわかっていても20代のサラリーマンであれば気になるところです。

20代で1000万円を稼ぐサラリーマンの割合について見てみましょう。

 

世間の女性の声

一般女性が求めている年収は以下の通りのようです。

「贅沢いうな!」と思わず叫びたくなるようなつぶやきが多いですが、現代では年収1000万円以上は必須という考えの女性が増えているようですね。

20代年収1000万円の割合

厚生労働省の平成27年賃金構造基本統計調査によると20代で年収1000万円以上のサラリーマンの割合は0.1パーセント以下という結果が出ています。

つまり割合で言えば1000人に1以下ということにです。

高校生が東大に合格する割合は約300人に1人と言われていますので20代のサラリーマンで年収1000万円を超えるということは、

東大に合格するよりも難しいということになりますね。

こちらの統計では企業に勤めている会社員を対象にしていますので、企業家やスポーツ選手などを含むとさらに割合は増えてきます。

とは言え特殊な職業についている人は才能があり、努力を続けて来た方が多いので、20代から努力をして特殊な職業につくということは中々難しいというのが現状です。

20代サラリーマンの平均年収

green15_jyougi20141123165428_tp_v

厚生労働省の調べでは平成27年の20代サラリーマンの平均年収は約250万円(大卒)です。

20代前半の年収の割合を見てみると200万円~220万円が最も多く、

20代後半では220万円~240万円が最も多いという結果になっています。

サラリーマンで年収1000万以上稼ぐには

大企業に勤めているからと言って20代サラリーマンで年収1000万円稼ぐということはやはり難しい様子。

とは言え20代で年収1000万円を稼ぐということを諦めたくないという方に年収1000万円を稼ぐ手段をご紹介します。

20代で年収1000万円を稼ぐ方法

c812_mbadesagyousurusarari-man_tp_v

20代で年収1000万円の割合が非常に少ないということがわかりましたが、あくまでこれは1企業からの給与の統計です。

給料以外に収入を得れば年収1000万円以上という数字は意外と簡単なものになります。

ネットオークションで稼ぐ

業界最王手のヤフオクを利用して自分の家の商品を販売するという方法です。

オークション出品をやったことがないという方でも現在ではスマホ一つで収入を得ることができますのでオススメです。

仕入れをすることができれば安定的に収入を増やすこともできます。

転売で稼ぐ

こちらはヤフオクと少し手法が異なりますが、ebayやamazon、BUYMA等を利用し仕入れをし、国内や国外に転売する方法です。

最初は元手が必要となりますが、お金が回ってくれば大きな収入を得ることができます。

アフィリエイトで稼ぐ

自分が立ち上げたサイトに広告を貼り付け、広告主からお金を貰うという手法です。

企業からお金を直接貰うということは難しいですが、アフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)という仲介業者のサイトに登録をすると自分のサイトに広告を貼り付けることができるようになります。

ASPはLink-A、A8netなどのサイトがあります。

初心者には難易度が少し高い手法ですが、サイトの評価が高くなれば安定的に稼ぐことができ、不労所得を得ることができます。

情報商材で稼ぐ

情報商材とは自分が持っている情報をinfotopなどのサイトで販売する手法です。

一般的にはダイエットなどの情報が人気が高いです。

ですが、現在では非常にためになる情報が低価格で販売されていますし、ネット上にも有力な情報もたくさんありますので、

難易度は少し高いものになります。

YouTubeAdSenseで稼ぐ

こちらはYouTube上にアップした自分の動画にGoogle AdSenseという広告を貼り付ける手法です。

他の手法になると、広告主や販売者とトラブルになることもありますがGoogleから広告費をもらえることができますので、

トラブルは少なく安定して稼ぐことができます。

私が行った中でも一番簡単な手法で、現在でも稼ぎ続ける事ができ、不労所得を得ることができています。

私の周りで月収100万円を超えている人が最も多い手法です。

MLMで稼ぐ

「マルチ・レベル・マーケティング」の略でネットワークビジネスとも言われます。

一般的にイメージはあまり良くないですが、こちらも初期投資0円から始めることができるビジネスです。

アフィリエイト同様、積み上げ式のビジネスですので不労所得というのが可能になります。

人に伝えていき会員さんを増やすというビジネスモデルなので、会社にバレずにビジネスを大きくすることが少し難しい、イメージが悪い、成果が出るまでに時間がかかるとというデメリットもあります。

副業OKという会社でもあからさまな動きは警戒されますし、頭が良い方が要領よくする分には最適なビジネスかも知れません。

まとめ

いかがだったでしょうか?20代の平均年収の割合は非常に低いですが、あくまでサラリーマンとしての年収になります。

20代で年収1000万円を稼ぐためには様々苦労は出てきますが、副業を行うことでその可能性をさらに伸ばすことはできます。

20代で年収1000万円を稼ぐ割合の1000人に1人入ることも不可能ではありません。

 

最後までご講読いただきありがとうございました! 私が一ヶ月で月23万円をyoutubeで稼いだ方法をメルマガ無料登録でプレゼントしておりますので、是非ご登録をお願い致します^^