20代は貯金より自己投資をしろと言われる理由

PASONA_25_TP_V

アメリカの自動車メーカー「Ford」の創始者「ヘンリー・フォード」は「若い時は貯金をせずに自己投資をしろ」という言葉を残しています。

ヘンリー・フォードではだけでなく、国内外の偉人たちが口を揃えて20代のうちは貯金よりも自己投資をしろととう言葉を残している理由とは一体何なのでしょうか?

自己投資とは

さてここで自己投資とはということについて考えてみましょう。

そもそも投資ということは、将来お金を生み出してくれる資産を購入するということですよね。

一般的なものとしては株、外貨、不動産、金などが挙げられます。

それに対して自己投資とは自分が将来お金を生み出すために、成長速度や限界値を上げるために自分に対してお金を払うということです。

投資と浪費の違い

ここでよく勘違いされるのは、美味しいものを食べたり、贅沢品を購入することを投資だと言う方がいらっしゃいます。

具体的に言うと、ロレックスなどの高級時計を購入したり、ベンツなど高い車を購入したりすることです。

こういった贅沢品を購入するということは自分の満足を得るための場合が多いので、投資ではなく「浪費」にあたります。

職業によっては見た目も非常に大事な要素になり、それを「自己投資」と呼ぶケースも有るのかも知れませんが、

多くの人の場合それを購入したからと行って後々のお金を生み出すということはほとんどなく高級品を購入することは浪費に当たります。

20代は貯金をするな

LIG_h_satutabatekkyuu_TP_V

このような観点から20代という成長速度が早い時に貯金をしてしまうのはもったいないと世界各国の偉人は考えるわけです。

成長速度が早い20代のうちにお金と時間をかけて自分の将来の収入を増やしていくという考え方を持つことで将来成功する確立が非常に高くなります。

20代だからこそ得られること

現在20代という方は若さという素晴らしさに気付くことはあまりないのかもしれませんが、

若いということは多くのメリットがあります。

経験が少ない

経験の少なさというのは、20代の最大のメリットです。

経験が少ないからこそ、先入観が少なく物事に取り組むことができます。

必ずしも先入観が悪いということではありませんが、多くの経験をしてしまうと、先の結果を勝手に想像してしまい、手が止まってしまうことが非常に多いです。

バイタリティが高い

こちらはわざわざ説明するまでもないかもしれませんが、20代はエネルギーに溢れている年齢です。

その20代特有のエネルギーを別のところで発散してしまい、エネルギー不足になってしまうということも多いですので、エネルギーの発散には十分注意して下さい。

素直

特に現代の20代はバブルなどの恩恵を自らが経験していない分素直であることが多いです。

その反面将来への不安から貯金をしてしまうという方も多いですので、多くの人の逆を行き自己投資をすることで大きく成果を上げることができます。

20代で行うべき自己投資

OY151013090085_TP_V

では具体的にどのようなことに自己投資をすべきなのか?についてですが、

その答えは情報、経験です。

現代ではインターネットが普及をしており、情報というのはネット上に多くあります。

現在は有益な情報も数多くありますが、無料で手に入るだけに誤った情報も非常に多いです。

有料の情報は非常に有益で正しい情報が多いです。情報と経験を買うことに時間とお金を惜しまず20代のうちに貯金でなく自己投資をすれば将来大きくお金を生み出すことにつながります。

最後までご講読いただきありがとうございました! 私が一ヶ月で月23万円をyoutubeで稼いだ方法をメルマガ無料登録でプレゼントしておりますので、是非ご登録をお願い致します^^