50代年収1000万サラリーマンの割合

yota82_moshimosi15113909_tp_v

年収1000万円を稼ぐ50代男性の割合はどれくらいなのでしょうか?

世間では50代になれば半数以上の割合で年収1000万円を超えるというイメージもあるようですが、実際のところはどうなのでしょうか?

50代で年収1000万円を超える人の生活

n695_ichimanensatu_tp_v

そもそも50代で年収1000万円を超える人の生活はどのようなものになるんでしょうか?

年収1000万円以上稼いでいる方の生活について見てみましょう。

年収1000万円の手取り

年収1000万円を超える人の手取り金額を妻一人、子供2人として計算をします。

健康保険料が41万円、年金が90万円、雇用保険料が9万円、所得税が58万円、住民税が35万円、介護保険料が16万円となり合計で249万円が天引きされます。

つまり年収1000万円の50代男性の手取り年収は750万円となります。

想像以上に天引きされる金額が多いですね。

住居

年収1000万円を超える世帯は東京の方の場合が多く、年収が高いけど家賃がすごくかかってしまうという場合が多いようです。

ただし年収1000万円の家庭のほとんどは一軒家を購入しているとうデータがあります。

miya151213088749_tp_v

外車など500万円以上の高級車に乗っているという年収1000万円世帯の割合は20パーセント程。

高級車に乗っている割合は以外にも低く、生活費にもお金がかかってしまうという世帯がほとんどのようで、特に贅沢はしないという世帯は6割以上あるという結果が出ました。

50代年収1000万円以上の割合

厚生労働省の平成27年賃金構造基本統計調査によると50代で年収1000万円を超えているサラリーマンの割合は約1.5パーセントとなります。

こちらの統計では会社員を対象としております。

その他の統計では年収1000万円以上の50代男性が10パーセントを超えているというデータもありますので、給与以外の運用でお金を稼いでいる方や、独立されている方が多くいらっしゃるようです。

50代男性の平均年収

上記と同じ厚生労働省の平成27年賃金構造基本統計調査によると50代男性の年収は500万円~600万円の割合が最も多く、

50代男性の平均年収は約530万円という結果がでています。

まとめ

50代サラリーマンでも年収1000万円を超えている人は100人に1人~2人という結果になりました。

今後医療費の拡大、消費税の増加などを考えるとまだまだ日本は厳しい社会ということになりそうです。

最後までご講読いただきありがとうございました! 私が一ヶ月で月23万円をyoutubeで稼いだ方法をメルマガ無料登録でプレゼントしておりますので、是非ご登録をお願い致します^^