YouTubeに音楽を投稿して広告収入を得る

pak57_karaokedekimeruhost_tp_v

 

YouTubeに自由に動画を投稿できるようになった昨今、〇〇歌ってみたなど音楽を使った動画が多く投稿されていますよね!

好きな音楽をYouTubeに動画をアップして広告収入が得られるのであればいうことなし。

〇〇歌ってみたのような音楽の動画を投稿することでYouTubeの広告収入を得ることが実際に可能なのでしょうか?

YouTubeで広告収入を得るには

実はYouTubeでは自分が作成した動画でないと広告収入を得ることはできません。
つまり〇〇歌ってみたのような動画は自分(他人)が歌っている姿を実際に撮影しているわけですので広告収入を得ることは可能になります!

著作権の問題

しかしながら音楽の動画を投稿する際に注意が必要なのが著作権に関する問題です。

〇〇歌ってみたなどで使用する音楽のほとんどは著作権によって保護されているものばかりです。

自分が歌うのだから問題はないということはなく、CDで販売されているような曲を扱う時点で著作権の侵害になります。

音楽を投稿して広告収入を得ることは可能

そのような問題を抱えながらYouTubeで〇〇歌ってみたと検索をするとずっと何年も前にアップされた動画が数多くあります。

これは厳密に言えば著作権侵害に当たりますが、YouTubeの場合は著作権を持っている人物(法人も含む)がYouTube側に申告をしなければ動画が消されることはありません。

さらにCDの曲を直接流しているわけではありませんので、多くのレコード会社は〇〇歌ってみたなどの動画については許容をしているようですね^^

完全オリジナル動画で投稿する

とは言え、厳密に言えばですが著作権の侵害には間違いありません。

やはりYouTubeに音楽を投稿するには自分が作った曲を自分が歌い動画をアップするのが最良の方法と言えます。

YouTubeの規約というのも頻繁に変更していますので、今後著作権を侵害する動画は前面禁止!

ということにもなりえますので充分注意が必要ですよ!

まとめ

音楽でYouTubeの広告収入を得るということは非常に難易度が高いです。(ほとんどYouTuberになることと同じですから)

再生数が増えて有名になれる可能性を考えると広告収入をもらいながら、自分の夢を叶えるためには最適なものになります。

音楽で広告収入を得たいということであれば是非一度YouTubeに自分の作った歌を自分で歌っている動画を投稿してみて下さいね!

最後までご講読いただきありがとうございました! 私が一ヶ月で月23万円をyoutubeで稼いだ方法をメルマガ無料登録でプレゼントしておりますので、是非ご登録をお願い致します^^