YouTubeの広告収入と再生数の関係

OY151013249932_TP_V

こんにちは今回はYouTubeで広告収入を得るために、広告収入と再生数がどのように関係しているのかということについてご説明を致します。

YouTubeの広告収入の仕組み

まずYouTubeの広告収入と再生数の関係を知る前に、YouTubeで広告収入を得るための仕組みを知らなければなりません。

YouTubeで広告収入を得るためにはGoogle AdSenseというGoogleが提供するサービスに申し込まなければなりません。

Google AdSenseの申し込み方法はこちら

Google AdSenseは広告をクリックされると報酬が発生するという仕組みになっており、クリックされればされるほど報酬が増えるということになります。

広告をクリックされる確率は大体決まっており、1%から4%ほどがクリックされる確率になっています。

YouTubeの再生数と広告収入は直結しない?

となるとやはりYouTubeの再生数が伸びれば伸びるほど広告収入は増えていきます。

一般的には再生数×0.1円というのが大体の相場ですね。

ですが一つ考えていただきたいのは再生数がいくら多くてもYouTubeに表示される広告をクリックされない場合です。

例えば子供向けの動画を沢山作って再生数が伸びたとします。

しかしながら子供向けのチャンネルですので、大人向けの広告をいくら流しても子供はクリックをしませんよね?

となればそのチャンネルは動画の再生数が増えたとしても広告収入はとても少ない。。。という結果になってしまいます。

YouTubeの再生数×単価

YouTubeで広告収入をたくさんもらいたいという方は再生数を伸ばすことも確かですが、単価を伸ばすということも考える必要があります。

私が以前アップロードした動画が一日に10万再生されたことがあります。

しかしその動画は高校生くらいの年齢に人気のある動画でした。

となると10万再生されたにも関わらず、その日の広告収入は3000円と寂しいものでした。

そして広告のクリックのことを考えた上でアップした動画が一日に10万再生された時には日給が2万円になりました。

その時広告収入の単価は大事だなと改めて感じた覚えがあります。

広告収入の単価を上げるには

このようにYouTubeで広告収入を得る上で広告収入の単価というものは非常に大事なものになります。

私が意図的に広告収入を上げた方法については私のメルマガの無料登録して頂いた方にプレゼントをしておりますので是非御覧ください。

YouTubeの広告収入の単価を伸ばした方法

まとめ

YouTubeで広告収入を増やすためにはもちろん再生数を伸ばすということが1番大切です。

しかし、広告収入を増やす上で単価という点を意識することも非常に重要ですので是非参考にしてみて下さいね!

最後までご講読いただきありがとうございました! 私が一ヶ月で月23万円をyoutubeで稼いだ方法をメルマガ無料登録でプレゼントしておりますので、是非ご登録をお願い致します^^